#
#

ブログ

blog

多国語バージョンを作成中です

鍼灸治療をもっと多くの方に知って頂くために、多国語のバージョンを作成中です。

取り急ぎ、本日眼科鍼灸の英語バージョンを作成してUPしました。

翻訳は、Googleの翻訳ソフトを使用するのですが、これが結構手間ですね。

 

まず一度日本語で記事を作成し、1文ごとに翻訳ソフトで翻訳します。

一度に全文出来れば簡単なのですが、全文を一度に訳すると、意味不明な文章になることが多いようです。

丁度、外国製の製品を買ったときに付いてくる、デタラメな日本語説明書のような感じです。

 

そこで今回は、一度英語に翻訳してから、更にその英文を日本語に翻訳するという作業をしてみました。

それで文章が上手く再現出来ない時には、文章を分かりやすく書き換えて、もう一度同じ作業を繰り返しました。

ただ私の英語能力は、中学生の頃から止まったままの状態ですので、最終的に出来た文章が、正しい文章なのかを再確認が出来ていません。

 

私が無責任に予想したところでは、分かりにくい言い回しや比喩表現は、翻訳ソフトでは、上手く翻訳できないように思います。

そのため、英文の元になっている日本語の記事も、かなり直接的な表現で書くことになりました。

これはある意味、「人工知能が理解しやすいような文章になった」ということなのかもしれません。

 

実は、もう一つ気付いたことがあります。この眼科鍼灸の記事に関しては、もう一つハングルバージョンも作ったのですが、英語と韓国語では、翻訳する時にかなり違いがあります。

英語での翻訳作業は、比較的早く出来ましたが、韓国語に翻訳するには、かなりの書き換えが必要でした。

 

眼科疾患はストレスが原因で発症することが多いため、日本よりもさらに高ストレスが予想される韓国でも、鍼灸治療により救われる人が増えると良いのですが。

中国では、私が書くまでもなく、たくさんの鍼灸師がいますので、翻訳する必要な無さそうです。

#

鍼灸ひより堂