#
#

ブログ

blog

鍼灸治療で使用する鍼の解説(動画付き)

鍼灸で使用する鍼はとても細い

 

当院で使用する鍼の場合、最も細いものになると、その細さは0.12mmしかありません。

少し視力の悪い人であれば、そこに鍼があるのが分からないくらい細いのです。

最も太い鍼でも、太さは0.25mmですから、シャープペンシルの芯よりも細い鍼、ということになります。

 

鍼灸で使用する鍼は柔らかい

 

鍼灸で使用する鍼は、注射針や縫い針と違い、とても柔らかいものです。

そのため、手で触ると、とてもしなやかにしなることが分かります。

このしなりがあることで、からだの中に入れても折れることがありません。

 

当院で使用する鍼は6~7種類

 

当院では、刺す場所や目的によって鍼を変えるため、常時6~7種類の鍼をしようしています。

使用する鍼は、使う手技や手法の改善に伴って、一定期間で変更することもあります。

 

国産の鍼を使用しています

 

アジア製の鍼は、とても安いのですが、当院では品質にこだわるため、国産の使い捨てを使用しています。

やはり国産の方が、安心して使用できます。

海外製のものでは、過去に怖い思いをしたことがありますので、それ以来使用していません。

 

その他、色々と動画の中では解説をしております。

どうぞご覧下さい。

#

鍼灸ひより堂