#
#

ブログ

blog

脈診のお話<新人鍼灸師用>

脈診は使い方次第

 

脈診は、東洋医学の中では、非常に重視される診察・診断技術の一つですが、使いこなすのがとても大変だということで、敬遠されがちであることも事実です。

脈診には時代や治療家により、実に様々な方法が作り出され、どの方法を選択するかでも、練習や習得の仕方が変わります。

臨床的にどの方法が良いかというのは、諸説ありますが、鍼灸師はより特殊な方法や、より難解な方法を選ぶ傾向があるため、個人的には、シンプルな方法でも良いのではないかと思います。

 

シンプルな脈診<六部上位と脈状診>

 

最もシンプルな脈診として、六部上位と脈状診をご紹介します。

まず脈診をする時には、人差し指から薬指までの3本の指を使って行います。この3本の指を、手首の橈骨動脈に当てて、全ての指で別々に脈を感じるのが、東洋医学で行う脈診の特徴です。

それぞれの指が表す脈の感じ方で、五臓六腑(六臓六腑)の状態を予測して、施術の方針を決定したり、実際に行った施術の評価をするのです。

 

六部定位とは

 

まずは六部上位のご説明をさせて頂きます。六部上位では、左右の手首をそれぞれ3つの区分に分けます。

そして、その3区分をそれぞれ、寸口(すんこう)、関上(かんじょう)、尺中(しゃくちゅう)と名付けています。

脈を単に3カ所で見る時には、寸口は上焦(横隔膜より上)の状態を、関上は中焦(腹膜内)の状態を、尺中は下焦(腹膜より下)の状態を見る時に使います。

例えば、頭痛がある時などには、寸口に固い脈を感じたり、足が冷えている時には、尺中の脈が細く固く感じたりします。

 

この3部位に、さらに五臓を当てはめたものが、次の画像になります。

ご覧のように、寸関尺に五臓と心包というものが当てはめられています。心包は、今のところ読み流して下さい。

寸口には、横隔膜より上(上焦)にある心と肺が当てはまり、関上には腹膜の中(関上)にある脾と肝が当てはまり、尺中には腹膜の下(下焦)にある腎臓が当てはまっています。

 

六部上位には、もう一つ浮沈という概念があります。つまり、脈の表層と深層で、違ったものを見ているのです。

この二層の内、表層には、五臓に対応する六腑が当てはまっています。五臓と六腑では、臓が一つ余りますが、その一つが心包になります。

五(六)臓と六腑を対応させたものが、次の図になります。

こうした脈の浮沈は、表層で必ず腑を見て、深層で臓を見るというより、脈全体で状態を感じて、そこから臓腑の状態を予測する方が現実的です。

例えば、相手の右手の脈を見た時に、寸口の表面で異常な脈があると、「大腸に病気がある。」とか「大腸経に異常がある。」とみる方がいますが、実際には寸口で表層の部分にも、臓である肺の病証も現れます。

そのため、肺と大腸の両方を選択肢として持った上で、その方の状態に照らし合わせれば良いと思います。

こうした経験を積んでいくと、右寸口に表れる脈の中に、便秘(大腸の病)も風邪(肺の病)も現れることが分かります。

またもう少し脈診に慣れてくると、他の臓腑との関連から、より正確に診断が出来るようになります。

例えば、右の寸口に異常な脈が出ていて、反対の尺中や、反対側の全体に浮いた異常な脈が出ていると、風邪の初期だと分かるようになります。

当然、右側全体にも、浮いた異常な脈が出ることも多いと思います。

脈診をする場合には、「異常を探すぞ!」という強い意気込みよりも、「脈を感じてみよう。」という、ありのままを感じる素直な気持ちが大事です。

脈をしっかり感じたら、後でその理由を探せば良いのです。特に最初の内は、脈を感覚的に感じて、書き留める作業するだけで十分です。

眉間にしわを寄せた状態では、脈診は上手くなりませんので、気楽に慣れていって下さい。

 

脈状診とは

 

脈状診とは、脈の形状で診察や診断を下す方法です。

脈の形状とは、脈を最も強く感じる深さや、脈全体の太さ(細さ)、強弱、数などだと考えれば良いと思います。

流派により色々と脈状があり、私自身も色々な流派の脈診をしてみましたが、正直なところよく分かりません。

 

私は、脈診を学術として分析しているわけではなく、臨床の場で使うために勉強しただけですので、細かな分類よりも、実際に患者さまの状態を、正確に表してくれれば良いのです。

ですから、細かな分類や脈の名前よりも、その脈が何を表しているかを、感じ取るようにしています。

そのための基礎の勉強は、それほど難しくありませんので、これから勉強してみようという人は、お気軽に始めてみてはいかがでしょうか?

脈状診を知るためには、少し生理的なことも理解しておくと、臨床上は便利かもしれません。

例えば、脈の状態は、血管の固さと、中を流れる血液の性状で決まります。

血管の固さは、動脈硬化等が無ければ、自律神経からの命令で決定されます。細く固い場合は、交感神経の緊張を表しますし、太く柔らかい場合には副交感神経の緊張を表します。

また中を流れる血液の状態も、自律神経の影響を受けやすい傾向があります。交感神経が強く働くと、血液は粘り気が強くなり、固まりやすくなります。

極端な脱水や栄養不良などは、感染症の急性期以外では、ほとんど出会うことがありませんので、やはり自律神経の影響が最も大きいと言えそうです。

 

脈状が、自律神経の影響を強く受けるということは、脈状の変化はとても早いということが言えます。

そのため、鍼灸の施術内容が適切であったかどうかの判定や、自律神経機能の判定には使いやすい反面、とても敏感過ぎて、確定的な診断には使いにくい面があります。

こうした特徴をしっかり捉えていくと、初学者でも、脈診を利用して施術が出来るようになります。

 

まず脈が浮いている場合には、炎症や熱症状などがある場合が多く、患者さまから伺う問診が、大いに役に立ちます。

風邪気味だったり、炎症性疾患を抱えていたりすると、ズバリその状態を表していることになります。

陰虚の場合には、陰気や陰液を補う施術が必要ですが、脈が完全に浮くほどの脈の場合、陽実でも陰虚でも施術の仕方はそう変わりません。

感染症などの陽実では、瀉法で邪熱を下すように施術しますが、陰虚の代表である膠原病などは、瀉法を使わずに陰虚を補うと思われがちです。

ところが実際に脈診しながら施術すると、膠原病においても中途半端な補法はあまり効果がなく、脈が落ち着いて沈むということもありません。

むしろしっかりと瀉法を加えてから、陰虚を補うことを繰り返すと、徐々に脈が落ち着いてきます。

これも、脈診をしっかりと見ているとわかることです。

 

組み合わせて使う

 

実際の脈診では、脈状診と六部定位を組み合わせて使います。六部定位は、一見簡単そうですが、六部にこだわり過ぎると、全体の脈を把握しにくくなる傾向があります。

脈診のコツは、余りにも細かいことにこだわらないことです。まず最初は、全体の脈状を感じながら、イメージを膨らませましょう。

その後、脈の特徴を感じながら、目の前にいる人の状態と照らし合わせていきます。

 

その人が訴えている症状は、上・中・下焦のどこに存在していますか?

その部位に対応する三部(寸関尺)には、どのような脈を感じますか?

脈の強弱や浮沈、そしてザラツキ、滑らかさなどを感じ取れば、左右の脈を比べてみましょう。

その後、六部を比べてみると、かなり多くの情報を得たことになります。

 

あまり難しく証を立てようとせずに、先ずは全体の体調を把握すること、そして徐々に五臓の状態を知るようにしましょう。

実際には証を立てなくても、全体の様子が分かれば、症状に対して施術することが出来ます。

例えば、あなたが見た人が消化不良を訴えており、脈全体に力がないことが分かり、あなたの左手が感じる脈の方が右手よりも弱く感じれば、恐らく脾胃が弱いことが分かります。

もし逆に右手が弱く感じれば、腎の陽気が弱いことで、脾胃が上手く働いていないのではないかという予測が経ちます。

勿論、六部定位が分かるようなら、実際に脾や腎に相当する部位を見ても良いと思います。

こうして応用が出来るようになれば、脈診は想像力を拡げながら自由に組み合わせ、楽しみながら施術が出来るようになります。

 

最期に

 

少し分かりにくい点もあったでしょうが、脈診は決して非科学的なものでもありませんし、選ばれた人だけが出来る特殊技術ではありません。

確かに、得手不得手が出やすい診察診断技術であることは確かですが、時間を掛ければ誰でも出来ますし、何よりもとても便利な技術です。

鍼灸師なら、ぜひ一度はチャレンジしてみて下さい。

#

鍼灸ひより堂