#
#

ブログ

blog

眼精疲労を鍼灸治療で解消しましょう

眼精疲労には心身に影響が

 

当院には、様々な症状や疾患で来院される方がいらっしゃいますが、眼精疲労を訴える方は非常に多いようです。

眼精疲労は、単純に目の疲れというだけでなく、脳(メンタル)の疲れや体の疲れも関係しているようです。

 

また眼精疲労が原因で、不快感や様々な不定愁訴を発症することもあるため、眼精疲労を定期的に解消しておくことは、快適な生活の為に欠かせません。

 

 

遠近調整能力と眼精疲労

目の遠近調整は、目の中でレンズの役割をする、水晶体の厚さを変えることで行います。

水晶体の端に毛様体筋と言う筋肉があり、この筋肉を収縮させると水晶体の厚みが増し、焦点が近くになります。

 

 

これとは逆に、毛様体筋が弛緩すると水晶体は薄くなり、焦点が遠くなります。

こうして、毛様体筋が水晶体の厚みを変えることで、遠近調整をしています。

 

ところが、スマホやPCの画面を見続けると、常にピントを近くに合わせる為、毛様体筋は常に緊張した状態になっています。

これは、首や肩の筋肉が常に凝っているのと同じですので、毛様体筋が筋肉疲労を起こしてしまいます。

 

眼精疲労には、この毛様体筋の筋疲労も関係していると思われます。

毛様体筋は、自律神経の指令で働きますので、定期的に自律神経を整えてリセットすることで、毛様体筋の疲労を防ぐことが出来ます。

 

眼精疲労からの頭痛

 

眼精疲労に伴って表れる症状の中で、眼痛と並んで最も多い症状は、頭痛ではないでしょうか。

非常に強い頭痛として有名な偏頭痛も、眼精疲労との関連が指摘されます。

 

眼精疲労を起こす代表に、スマホやPCがありますが、これは画面を注視することで瞬きの回数が減り、目の表面が乾く(ドライアイ)ことがきっかけで起こります。

 

慢性的に目の表面が乾いていると、目の表面を覆っている角膜が乾燥することで、とても刺激されます。

すると、目の知覚を支配している眼神経が、刺激されることになります。

 

 

日常的にスマホやPCを長時間尚すると、眼神経が繰り返し刺激されることでどんどん敏感になり、知覚過敏のような状態になってしまいます。

知覚過敏になった眼神経は、脳に対して過剰に刺激を伝えることで、脳の中でも異常な神経の興奮や炎症が起こるようになります。

これが片頭痛の原因だと言われています。

 

そのため、片頭痛が起こる前兆として、目に見ているはずのない光を、眼神経を通して脳内でチカチカと感じるようになります。

これを閃輝暗点(せんきあんてん)といいます。

<参考リンク:日本頭痛学会サイトの片頭痛記事

 

眼精疲労と脳疲労

 

眼精疲労は、ただ単に目の使い過ぎというだけではなく、精神的な問題も原因の一つだとされています。

また眼精疲労の原因とされるドライアイも、ストレスや睡眠不足との関連が示唆されています。

 

当院の過去記事でもご紹介しましたが、ドライアイは非常に脳ストレスの影響を受けています。

そのため眼精疲労を治すためには、脳ストレスを軽減することも重要なのです。

 

眼精疲労でよく見られるドライアイでは、脳で神経活動に関係する、BDNF(脳由来神経栄養因子)が減少することが分かっています。

このBDNFが減少するのは、ストレスにより分泌が増える、コルチゾールというホルモンが影響をしています。

 

コルチゾールは、視床下部から分泌される、副腎皮質ホルモン放出ホルモンの命令で、副腎から分泌されます。

ストレスによりコルチゾールが大量に分泌されると、脳内のBDNFが減少し、脳の働きが低下します。

 

ドライアイや眼精疲労には、そうした影響が反映されるようです。

 

鍼灸治療と眼精疲労

 

眼精疲労を長年患っている方からすれば、もう治らないと思われているかもしれませんが、実際には鍼灸治療を受けて頂くと、驚く程早く楽になって頂けます。

 

恐らく施術後には、目の周囲がとてもスッキリしていることを感じて頂けるはずです。

ただ残念ながら、原因である目の酷使やストレス、体調不良が改善されない限りは、度々再発することも事実です。

 

そのため、根本的に眼精疲労を治すためには、体だけでなく精神的な調子も合わせて整える必要があります。

鍼灸治療は、こうした全ての眼精疲労の原因に対して、効果的に働き掛けることが出来ます。

 

1.眼神経の知覚過敏を修正する。

2.毛様体筋の弛緩(自律神経調整)。

3.脳ストレスを軽減し、コルチゾールの分泌を減らす。

4.血流の改善による疲労回復

 

特に4の血流に関しては、多くの研究がなされていますので、参考にして頂ければと思います。

 

【血流変化に関する論文】

公明穴は、目の特効穴として鍼灸師の間では有名なツボの一つです。

この公明穴に特殊な機器で温熱刺激を加えると、他のツボと違い、公明穴でのみ、目の周辺部位で皮膚温の変化が観察されたということです。

晴明穴などでも、鍼灸刺激により眼底部や目の周辺での血流変化が観察されますが、公明穴は下腿にあるツボだということが特徴的です。

鍼灸の場合、目の周辺部位への刺激ではなく、遠隔的な部位の刺激でも、目の周辺部位の血流増加が観察されます。

 

新しい眼精疲労に対するアプローチとして、鍼灸治療を受ける人が少しでも多くなればと思います。

 

#

鍼灸ひより堂