#
#

ブログ

blog

強度近視の方はご注意を<近視性黄斑変性症・定期健診>

強度近視のデメリットとは

 

近視になる原因には、主に眼球での光の屈折率が高いことにより、焦点が網膜の手前にきてしまうものと、眼球の奥行きが深いため、焦点が網膜の手前に来てしまうものがあります。

 

 

眼球の形状に問題がある場合、眼球が前後に引き延ばされた形になっていますので、眼底部(網膜付近)には、常に物理的な負荷(張力)が掛かっていることになります。

 

そのため、網膜にけん引力が働き続けることで、網膜の一部が腫れててしまい、網膜剥離が多く発生します。

また、こうした眼底部の物理的なストレスは、眼底部での炎症や浮腫の原因になることから、強度近視は黄斑変性症の大きな原因の1つになってしまいます。

 

現在のところ、日本人の約40%が近視で、その10%にあたる、約4%の方が強度近視だとされています。

強度近視の方は、メガネやコンタクトレンズで対策を立てれば、社会生活自体は問題なく過ごせますが、物理的なストレスは常に掛かり続けているため、こうしたトラブルが起きやすいことは知っておくべきだと思います。

 

自覚症状がなくても定期的に検診を

 

強度近視の方は、これといった不調が無くても、定期的に眼底撮影などの検査をされている方が、トラブルを早い段階で見付けることが出来ます。

個人的には、強度近視の網膜に掛かる物理的なストレスは、決して軽く見てはいけないと思っています。

 

眼底部のストレスの結果起こる浮腫や新生血管も、早期に発見して軽度であれば、鍼灸治療のみでも十分対応が可能ですし、完治もそう難しい話ではありません。

少しでも早く網膜のトラブルを知ることで、近視性黄斑変性症は予防や完治が出来るため、強度近視の方は定期的な眼科受診をお勧めいたします。

 

近視性黄斑変性症を予防するには

 

近視性黄斑変性症を予防するためには、眼底部の環境を常に良い状態にしておくことが大事です。

構造的な問題(眼球の形状)は、返ることが出来ませんので、対応出来る部分だけでも予防的に対応しておくことがとても大事です。

 

繰り返しになりますが、強度近視の方は網膜(黄斑)に常にストレスが掛かっているため、炎症や血行障害を起こしやすい状態になっています。

そのため、眼底部の血流を常に良い状態にしておいて、組織の修復や炎症を早く引かせることで、近視性黄斑変性症を予防出来ると思われます。

 

鍼灸治療で使用するツボには、眼底部の血流を良くするツボが複数存在し、眼底部の環境を良い状態に保つことが出来ます。

特に自覚症状として、眼精疲労やドライアイ、目の奥の痛みなどを感じている強度近視の方は、定期的(2週に1回程度)な鍼灸治療を受けておくと良いと思います。

 

鍼灸治療を定期的に受けて頂くと、眼科疾患の予防効果だけでなく、不快な肩こりや首こり、眼精疲労、ドライアイ、眼痛、頭痛などの症状が無くなり、QOLの高い生活を送ることが出来ます。

 

もし近視性黄斑変性症を発症したら

 

近視性黄斑変性症を発症した場合、現在の医学では、抗VEGF薬の眼内注射が第一選択です。

 

抗VEGF薬は、元々大腸がんの治療薬として使われていましたが、新生血管を阻害する効果から、黄斑変性症の特効薬として広く使われるようになりました。

抗VEGF薬の眼内注射は、確かに効果としては高いものですが、眼内環境(炎症や血行障害)が改善されていないと、繰り返し施術を受けることになりかねません。

 

眼内注射は、繰り返す回数が多いほど、出血や炎症、感染症を始めとして、投薬の副作用が起こる確率も上がってしまいます。

そのため、抗VEGF薬の使用は、出来るだけ少ない頻度で済ませるのが、理想的であると思われます。

そこでこの抗VEGF注射と併用して頂きたいのが、当院で行う眼科領域の鍼灸治療です。

 

近視性黄斑変性症と鍼灸治療

 

鍼灸治療でしようするツボには、臨床試験の中で、眼底部の血流を増やすことが確認されているツボが殆どです。

不思議なことに、こうした眼底部の血流を増やすツボは、全身に存在しています。

目の周囲であれば想像しやすいのですが、眼底部の血流を増やすツボは、下腿や手にも存在しているのです。

 

 

当院では、こうしたツボの反応を一つずつ探り、出来るだけ効果的なツボで施術する様にしています。

 

では実際に当院で行っている、鍼灸治療についてご紹介します。

当院で行う鍼灸治療には、主に3つの特徴があります。

 

1.後頚部に対する施術

 

後頚部の施術では、首と後頭部の付け根にあるツボを使って、網膜の血流を良くします。

後頭部や後頚部は、眼科疾患をお持ちの方が、多く症状を訴える場所でもあります。(いわゆる首こり)

後頚部に施術することで、網膜の血流だけでなく、不快症状に対する施術も行うことが出来るため、一石二鳥の働きをしてくれます。

 

 

2.目の周囲に対する極浅鍼

 

目の周囲に鍼をすると、眼底周囲の血流が良くなる他にも、水晶体の厚みを変える毛様体筋にも影響が出るようです。

そのため、遠近調整の能力が回復することで、多くの方で視力の上昇が見られます。

また眼痛などの不快症状に対しても、即効性が高い傾向があります。

 

目の周囲に刺す鍼は、とても浅い部位に刺すため、抜けることがないように、とても短く細い鍼を使用します。

当院の場合には、長さ15mmで太さは0.14~0.15mmという、極細短鍼を使用しています。

そのため、眼窩内刺鍼(目の窪みに刺す鍼)のように大きな内出血を作ることもなく、痛みもほとんど感じない施術になっています。

 

 

当然ながら、抗VEGF注射のように眼球に刺すわけではなく、目の周囲に浅く刺すだけですが、十分に働いてくれるのです。

 

3.全身調整のための施術

 

全身調整のための施術は、全身のあらゆるところが施術の対象になります。

身体に出ている不快症状(肩こりや腰痛、生理痛、冷え症など)は、最終的に脳へのストレスとなり、眼科疾患を悪化させるため、出来るだけ排除します。

また脳へのストレスは、脳内物質の変化を招き、視力や視能に大きく影響を与えます。

 

眼科疾患を発症したり、再発した人のお話を伺った時に、

「仕事の変化や生活の変化など、大きなストレスを感じることがあった。」

とお答えになる方が多いのも、そのためだろうと思います。

 

全身調整のための鍼灸は、手足に行うことが多いのですが、不快症状などは体幹に出ることも多いので、その人により対象部位は変わります。

 

 

全身の状態が良くなると、眼科疾患も良くなることが多く、目だけを切り取って治療しがちな西洋医学との違いは、こうしたところにもあります。

眼科疾患だけでなく、体調不良などを抱えている方は、お気軽にご相談下さい。

 

まとめ

 

強度近視の方は、先天的な要素として網膜への物理的ストレスを抱えているため、定期的な検診をするべきです。

また、眼精疲労や眼痛、首こりなどがあったり、頭痛を感じていたりする人には、定期的な鍼灸治療をすることで、眼科疾患の予防やQOLの向上などの利点があります。

 

あなたがもし近視性黄斑変性症を発症したら、第一選択は抗VEGF薬でも良いのですが、出来るだけ早く鍼灸治療も受けて頂くことで、その後の経過が大きく変わると思われます。

抗VEGF薬は、種類にもよりますが、2~3か月で体内から排出され、効果が無くなってしまいます。

もしその時に、血行障害などの原因が解消されていなければ、黄斑部での新生血管や浮腫が再発する可能性は高くなります。

 

鍼灸治療は、血行障害に対しては非常に速やかに働きますが、抗VEGF薬ほど新生血管を速やかに消すことは出来ません。

通常は、早くても2~3か月程度の時間が掛かります。

そのため、最初は抗VEGF薬により新生血管にアプローチした上で、併用する形で鍼灸治療を受けて頂いて、原因である血行障害を回復させるのが、最も効果的な方法ではないかと思います。

 

当院の患者さまを見ていると、鍼灸治療の頻度が適切であれば、かなり黄斑部の治りが早いようですし、新生血管や浮腫の再発を防ぐことが出来ています。

但し、通院頻度が不十分で、鍼灸治療の開始時期が遅くなると、効果の出方も不十分なものとなる傾向があります。

 

眼科療育の鍼灸治療の適切な通院頻度は、発症から3か月以内、或いは急性期であれば週2回

その後、症状の改善が落ち着いていたり消失していたりすれば、頻度を減らして週1回としています。

 

生活環境での眼への負荷が低い場合には、さらに頻度を減らすことも可能ですが、再発を避ける最も有効な頻度は週1回であると思われます。

環境の変化で、目への負荷が減る場合や、発症時が一時的なストレス状態だった場合には、頻度は2週に1回から月1回程度でよろしいかと思います。

 

近視性黄斑変性症は、初回の発症もショックですが、同じ側への再発や、反対側に出た時の精神的なショックの方が、更に大きくなります。

少しでも早く黄斑変性症を治すため、また再発を避けるためにも、ぜひ鍼灸治療を選択肢に加えてみて下さい。

 

 

#

鍼灸ひより堂