#
#

ブログ

blog

膝(ひざ)の痛みは変形していても治る?【変性性膝関節症】

変形していると手術しかないのか

 

これは多くの臨床家が経験することですが、膝の関節の変形と痛みの強さは比例しません。

そもそも膝の軟骨には知覚神経がないため、軟骨が減ったからといって、痛みを感じることはありません。

 

つまり膝の軟骨がすり減って痛むというのは、実際には軟骨以外の部分が痛みを感じているのです。

そのため、軟骨がすり減っていても、痛み自体は無くすことは十分に可能なのです。

 

膝の痛みを感じているのは

 

痛みを感じるためには、そこに痛みを脳に伝える知覚神経が存在しなくてはいけません。

先ほども書いたように、軟骨には血管も神経もありませんので、痛みを感じることはありません。

 

これは解剖学的な事実ですので、もちろん整形外科医もこのことはご存知です。

ではなぜ、「軟骨がすり減ったから痛みが出た。」などと言うのでしょうか?

 

実は軟骨がすり減る原因や、すり減った結果起こる結果が、痛みを誘発する原因になるからなのです。

つまり軟骨がすり減ったということは、膝痛の遠い誘因や結果であって、原因そのものではないということなのです。

 

では膝の痛みの直接的な原因とは何でしょうか?

これは恐らく、関節包という膝を包んでいる結合組織だと思われます。

 

関節包は、血管や神経線維に富んだ、内側の滑膜(かつまく)と、外側の結合組織で出来た繊維膜に分かれます。

外側の繊維膜は、靭帯(じんたい)と呼ばれる結合繊維や、内側半月板とも繋がっています。

 

今回の膝痛と大きく関わるのは、内側にある滑膜です。

 

滑膜にある血管やリンパ管からは、栄養や潤滑油に当たる関節液(水分・ヒアルロン酸など)が分泌されています。

この関節液が通常よりも増えた状態を、一般的に「水が溜まった」と表現しています。

 

この滑膜にある知覚神経が、膝の痛みを脳に伝える役割をしているのです。

関節包に水が溜まると、この知覚神経を通して、脳に痛みを伝えるようになります。

 

膝痛の原因とは

 

痛みを感じるところが、実は軟骨ではなく滑膜であることは、今までの説明でご理解頂けたと思います。

ではなぜ滑膜が痛みを感じるようになったのでしょうか?

 

膝にある滑膜の知覚神経が痛みを感じるのは、次のような時です。

 

1.炎症により関節液が増え関節包の圧力が高まった

 

関節液の貯留(水が溜まった)により、関節包の内圧が高まると、知覚神経を刺激することで痛みが発生します。

一般的に「水を抜く」と言われる関節穿刺により抜水すると、関節内の圧力が下がることで、嘘のように痛みが引くことが多いですが、抜水後に注射で入れる抗炎症剤が効いているのかもしれません。

 

実は関節液は、人工的に抜かなくても自然に無くなります。

この関節液は、血管やリンパ管から染み出したものですから、自然に吸収されるからです。

早く吸収させるには、ちょっとした手技やコツが必要です。(後述)

 

2.膝関節の負荷により受容器が興奮

 

関節の周囲には、関節に掛かる負荷を感知する、受容器というセンサーのようなものが存在します。

そのため、関節に負荷が掛かると、受容器が興奮して警報を発します。

 

 

その警報を、脳は痛みとして感じる取っています。

繰り返し膝に負荷が掛かると、この警報が鳴りっ放しの状態になるため、膝痛が常に発することになります。

 

そもそも膝関節へ負荷が掛かることになった原因は、膝関節のアライメントの乱れであると思われます。

 

例えばX脚やO脚、膝関節や股関節の捻じれなどがあると、常に膝関節には負担が掛かり続けます。

折角抗炎症剤を使っても、膝の水を抜いてところで、結局は膝のアライメントを修正しなければ、常に負担が掛かっているため、意味がありません。

 

逆に言うと、膝のアライメントを修正することが出来れば、痛みは勝手に無くなっていきます。

その証拠に、膝のアライメントが崩れた人たちは、自然に膝のアライメントを補正するような歩き方をします。

 

例えば、O脚の人が、からだを横に揺すりながら歩く姿を、見たことがある人は多いと思います。

自分なりに痛みを避けて歩こうとすると、膝関節に真っ直ぐに負荷が掛かるように歩くから、一見するとおかしな歩き方になるのです。

 

歩き方以外にも、膝関節の動きを滑らかにしてあげることで、痛みを無くすことが出来ます。

アライメントが乱れた歩き方を続けていると、関節への負荷が高まることで、関節全体が固まったような状態が起こります。(逆もあります)

 

この関節包の固まった状態を、動きやすく緩めるだけでも、膝の痛みはかなり楽になります。

具体的には、手技で関節を緩める方法や、運動療法で緩める方法があります。

 

運動療法では、歩き方を変えたり、適切なリハビリを行うことで、関節に緩みが生じて、変形した状態でも痛みはかなり楽になります。

実は膝の痛みの強さは、変形の度合いよりも、こうした膝関節の機能的な問題の方が、大きく影響を与えるのです。

 

手術療法も選択肢の一つだが…

 

膝関節の人工関節置換術は、他の人工関節の手術と比べても、比較的予後が良い手術のように思います。

そのため、手術を選ぶことが悪いというつもりは全くありません。

 

ただし、メリットとデメリットをよく考えた上で、デメリットが大きい方や、メリットが少ない方は手術をお勧め出来ません。

また手術が何らかの事情で避けたい方にとっては、手術を避ける方法を知って頂きたいと思っています。

 

手術を避けるための方法とは

 

長期間起こる膝の炎症を放置すると、日常生活の快適さを失うだけでなく、膝の関節が破壊されてどんどん変形していきます。

注射器を使った関節穿刺による抜水や鎮痛剤の投与は、一時的にはとてもよく効きますが、根本的な問題を解決するとは言えません。

 

多くの方が、こうした処置を繰り返しながら、少しずつ手術の適応(変形の悪化)となっていきます。

そこで、少しでも関節の変形を抑え、そして炎症や痛みを無くすための方法をご紹介します。

 

1.炎症や腫れをなおクス方法

 

膝関節が持続的に炎症症状を持つと、関節包の滑膜から分泌された液体成分が、関節包(滑液包)に溜まるようになります。

この水分を、血管やリンパ管から再吸収することが出来れば、膝の痛みは速やかに無くなります。

 

そのためには、まず熱を持った膝関節を、氷のうに入れた氷で冷やします。

氷のうは100円均一でも最近は販売していますし、無ければ丈夫なビニール袋で結構です。

この時には、決して塩などを入れることは止めて下さい。(凍傷を起こします)

 

また、低い温度を保ち過ぎる保冷材なども、お勧めしません。(同上)

 

しっかり膝が冷えれば、水が溜まった方の足で、静かに片足立ちをして、出来るだけ膝を伸ばした痛みが無い角度で、体重を乗せます。

これだけで溜まった水分は、嘘のように再吸収されていきます。

包帯で圧迫したり、テーピングで圧迫しても早く水は引きますが、方法が難しいため、出来れば専門家にやってもらった方が良いと思います。

 

2.膝のアライメントを整える

 

長年アライメントが乱れている人は、膝周りの筋肉が萎縮している人が多いのが特徴です。

痛みを無くすために、からだを揺すって長年歩いていたため、太ももの外側に大きな負担が掛かり続け、逆に内側にはしっかり荷重が掛からないからです。

そのため、太ももの内側の筋肉が大きく削げたようになってしまいます。

 

そこで内側と外側の筋肉の太さを揃える為、スクワットを行います。

ここで行うスクワットは、膝の角度にして120度程度で結構です。

このスクワットを続けていると、膝だけでなく、股関節や骨盤の動きも良くなります。

ぜひ続けて行って下さい。

 

スクワットで痛みが無くなるようなら、表に散歩に出てみて下さい。

膝痛の原因として、肥満が指摘されますが、体重はたくさんある要素の一つです。

 

痩せることが出来るのでしたら、痩せるに越したことはありませんが、痩せるきっかけとしても、運動を行うことをお勧めします。

 

これ以上は専門家へ

 

今ままでにご紹介した方法でも、痛みが良くならない場合や、もっと早く症状を緩和したいという時には、専門家を頼ることをお勧めします。

膝の痛みと言うと、整形外科が思い浮かぶでしょうが、鍼灸治療という方法もあります。

 

鍼灸治療では、筋肉の疲労を早く無くし、抗炎症作用や痛みをブロックする施術を行うことで、膝痛を速やかに取り去るお手伝いが出来ます。

局所的に膝の周辺のツボを刺激する方法や、股関節や太ももの筋肉を緩めることで、筋肉のアンバランスを無くしてアライメントを調整するなど、色々な角度から施術を行います。

 

また手技治療に詳しい鍼灸師なら、鍼灸治療と手技療法を組み合わせることで、1回の施術でも大幅に痛みを無くすことが出来ます。

私も長年手技療法をしてきましたが、その経験からすると、膝関節の痛みはとても治まりやすい傾向があると思います。

 

鍼灸治療を併用した場合、手術をするしかないと言われていた人が、その後も快適に痛みのない生活を送るということは珍しくありません。

より高い効果を狙うには、鍼灸治療で筋肉を緩めるだけでも、痛みを抑えるだけでも、手技治療で関節を動かすだけでもダメで、全てを同時に行う必要があります。

 

もし膝の痛みにお悩みで、整形外科の注射では良くならない、手術はまだ避けたいという方は、ぜひ一度ご相談下さい。

#

鍼灸ひより堂