#
#

ブログ

blog

お腹が張って苦しい【鼓腸・ガス漏れ・ゲップ】

お腹がパンパンで苦しい

 

知らない内にお腹がパンパンになり、苦しくて仕方ない。

ゲップを出すと楽になるし、おならが出るとスッキリするけれど、直ぐに元に戻ってしまう。

 

 

ゲップもおならも人前で出すわけにはいかないし、もし出てしまったらと考えると、人のいる所には居られなくなってしまう。

そんな人はぜひこのページを読んでみて下さい。

 

その空気はどこから?

 

お腹がパンパンになってしまうほどの空気は、一体どこから発生しているのでしょうか?

お腹に溜まっているガスは、主に2種類の原因から出来ています。

 

原因の1つは、あなたが食事や読み物を摂る時に、一緒に飲み込んでしまった空気です。

知らず知らずのうちに、食べ物と一緒にたくさんの空気を飲み込んでしまったために、胃腸に空気が溜まってしまったのです。

 

慌てて食事をする人の中に、食後にたくさんゲップをする人がいますが、そういう人は特に空気を飲み込んでいるのでしょうね。

慌てずに、少量ずつ口に入れて食べるることは、鼓腸対策として有効かもしれません。

 

そしてもう一つの原因が、食事としてとった栄養が、体内の細菌たちに分解されることで発生するガスです。

基本的には、繊維質や豆類をたくさん食べると、そうした栄養をエサにしている細菌たちが増えることで、ガスが発生します。

 

また、胃で発生するガスは無臭ですが、大腸で発生するガスには、おなら独特の刺激臭が付いていますので、気にされる方はいらっしゃるかもしれません。

ただ、ほとんどの人の場合、本人が気になるような臭いは、他人は感じていません。

 

だってお尻に顔を近付けて臭いを嗅いだり、狭い密室(電話ボックスなど)で他人と過ごすことなど、普通はあり得ないシチュエーションだからです。

 

それ以外にも原因が

 

今までに挙げた原因は、誰にでもあるガス発生の原因のことでした。

ところが、これから挙げる原因は少し違います。

 

ガスが溜まるもう一つの原因は、胃腸の蠕動運動が弱まったために起こる、胃腸不良に伴う鼓腸です。

胃腸の蠕動運動が弱まると、内容物を次の器官へ送ることが出来ないため、その場所に長く留まります。

 

本来は、大便と一緒にガスとして排出されるものが、そのまま消化管の中に長く留まるため、行き場を失ったガスが膨満感を生みます。

また大腸に長く留まることで、より腸内細菌により分解され、ガスも多く発生してしまうのです。

 

こうした腸の蠕動運動と大きな関係があるのが、ストレスの存在です。

ストレスを受けた脳からは、様々なホルモンが分泌されますが、このホルモンが腸の働き(蠕動運動・消化吸収)や、腸内細菌の種類にまで影響を与えていると言われています。

 

腸内細菌には悪玉菌と善玉菌がありますが、ストレスを受けた大腸では悪玉菌が成長しやすくなるようです。

腸内の悪玉菌は、臭いの強いガスの発生だけでなく、大腸がんとも関係が深いとされていますので、食事内容と共にストレス管理もとても重要です。

 

 

過剰にお腹がグルグル鳴ることも

 

ストレスが掛かることで、腸の働きに大きな影響が出ることは、先ほどもご紹介しました。

鼓腸は、腸の蠕動運動が低下することで、ガスが上手く排出されない状態が多いのですが、中には鼓腸(便秘)と下痢を繰り返す方もいらっしゃいます。

 

鼓腸により刺激された腸から、脳に対してたくさんの情報が伝わるため、脳がその情報を受け取り、腸を過剰に動かしてしまうのです。

すると、お腹が固い(鼓腸)状態で、便秘と下痢を繰り返したり、ガス漏れを起こすようになります。

 

こうなると、自分では腸の動きを制御出来ない為、お腹が空いていないのにグルグル音を鳴らしたり、不意に便意が出てしまうこともあります。

腸の状態も良くないため、ガスが大量に出ることで、余計にストレスや緊張を強いられることになります。

 

まとめて鍼灸治療で解決

 

鍼灸治療は、自律神経のコントロールをしている視床下部に働き掛け、適切に自律神経が働けるように調整してくれます。

適切に自律神経が働くことで、腸の蠕動運動が活発になると、便秘も解消し、お腹のガスが溜まりにくい状態になります。

 

また逆に、過剰に蠕動運動が起こる方に対しては、腸から脳へ出ている過剰な信号をブロックすることで、お腹のグルグル音を減らすことも出来ます。

 

<実際の施術内容>

 

この天枢(天枢)と言うツボは、大腸疾患によく働くツボだと言われています。

これは施術の一例ではありますが、鼓腸に対して施術すると、鍼でツボに触れた瞬間に、グルグルと動き出すこともあります。

簡単なお腹の張りなら、ものの数分で無くなります。(また復活しますが)

 

最初の3か月は、週1回程度の施術を加え、その後徐々に回数を減らしながら様子を観察すると、鼓腸を徐々に感じにくくなります。

実際の施術では、急激なストレスなどで悪化することもありますが、それでも少しずつ変化が起こりますから、焦らずに施術を続けて下さい。

 

不安感が増すと、症状が悪化することもありますので、症状の変化やその他不明なことは、溜め込まずにその都度お尋ね頂ければ結構です。

中々治らない疾患ではありますが、協力して良い方向に向かえればと思っています。

 

どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

#

鍼灸ひより堂