#
#

ブログ

blog

ステップダウンのお勧め【積極的なステップダウン】

不妊治療を止めたら妊娠した?

 

「体外受精を止めてしばらくしたら自然妊娠しました!」

 

というお話は、そう珍しいお話ではありません。私自身も、そういうお話を伺ったことがあります。

なぜ大金を掛けた体外受精で妊娠しないのに、止めた途端に妊娠したのでしょうか?

必要のない不妊治療は不妊を招く

 

専門病院に通うようになると、たくさんの検査に驚く方も多いことでしょう。

実際には、もっと多くの検査があり、治療内容が変化すると、更に追加の検査が増えてきます。

 

「こんなにたくさんの検査必要なの?」

 

と思う方も多いでしょうが、こうした検査は、あなたの状態を知ると共に、必要のない不妊治療を避けるための検査だと思って下さい。

つまり、問題を見付けるための検査は、問題の無さを証明するための検査でもあるのです。

 

ただ、検査をしてからの不妊治療の計画は、病院によってかなりの違いがあります。

この違いが、病院間での治療成績の差となって現れるため、日本では病院間で不妊治療の妊娠率に、かなり差があるのではないかと思います。

 

しっかり検査結果を反映して行う不妊治療では、論理的な治療方針の決定がされますので、もし結果が出なかった場合も、次の一手が打ちやくなります

検査結果を無視して行う不妊治療では、病院の決めたルーティーン通りに不妊治療が進むため、上手くいかなくなった時には、ステップアップしかありません。

 

さらに問題になるのは、不適切な不妊治療は、妊娠率の低下を招き、返って妊娠しにくい状態を作ってしまうということです。

こうした、病院で行う不妊治療により妊娠しにくくなることを、医原性不妊といいます。医原性の不妊の場合には、不妊治療を中止すると、明らかに妊娠しやすくなります。

 

積極的ステップダウンは武器になる

 

様々な検査や今までの不妊治療により、自分の状態がしっかり把握出来れば、ステップダウンも積極的な不妊治療や妊活の一つになることがあります。

例えば、自力でしっかり排卵しており、生理周期が整っている状態であれば、本来は、排卵誘発剤を使用したタイミング法は特に必要ありません。

 

それをより確実に知るためには、数カ月の間、生理直後のホルモン検査や、卵胞チェックを受けると良いと思います。

こうしたチェックで問題が無く、フーナーテストでも問題がなければ、無理に排卵誘発剤を受けても、妊娠率が高くなることはないと思われます。

 

また、体外受精を繰り返していた場合も、男女ともに原因不明の不妊であれば、ステップダウンをすることは、必ずしも妊活にとって、マイナス要因になるとは言えません。

特に、高FSHであったり、採卵が出来なくなってきた場合などは、一旦ステップダウンをしながら体調を整えれば、妊娠しやすくなることがよくあります。

 

人工授精を複数回した後、体外受精にステップアップすると、もう後戻り出来ないと考える方が多く、ステップダウンをすることは、妊娠を諦めることと同じだと勘違いされる方が多いようです。

ところが、不妊治療や妊活を成功させるためには、上手くいったことは継続し、上手くいかないことは見直すという法則があります。

 

上手くいかなかった不妊治療を繰り返すよりも、治療法に変化を持たせて、新しい可能性を探るためのステップダウンは、決して消極的な妊活ではありません。

誰にでも当てはまるわけではありませんが、ステップダウンが妊娠率を高めることに繋がる人は、一定数存在することは間違いありません。

それを知るためには、しっかりとした現状把握が必要ですので、もしお悩みでしたらぜひご相談下さい。

#

鍼灸ひより堂