医療用サングラス(遮光眼鏡)について

なぜ医療用サングラス(遮光眼鏡)が必要なの?

 

 

 網膜色素変性症の方や、白内障手術により水晶体を人工レンズに変更した方、また視神経や網膜に何らかの問題を抱えて、視野が白っぽく見えたり、眩しさを感じる人がいらっしゃいます。

 

こうした方は、医療用サングラス(遮光眼鏡)を使用することで、眩しさの原因になる特定の波長の光を遮ることで、視界がクリアになります。

 

国内では、HOYAや東海光学から遮光レンズを発売されており、多くの眼科疾患の方が使用されています。

当院にご来院される患者さんの中にも、視野が白っぽく見えてしまう方や、とても眩しいと訴える方がいらっしゃいます。

 

眼科疾患の中には、紫外線で網膜に負担が掛かる方もいらっしゃいますので、病気の進行を防ぐことと、日常生活のQOLを高めるために、この記事を作成してみました。

 

 

もう少し詳しい説明

 

 

 遮光眼鏡のレンズは、ある特定の波長を遮断したものが使用されています。

それは500nm以下の、短波長光と呼ばれる波長です。

 

500nm以下の光は、とても散乱しやすく、エネルギー量も多いため、とても明るく眩しく見えてしまいます。

 

こうした波長の光は、空気中の酸素や窒素分子にぶつかることで散乱し、空を青く見せている光です。

 

光.png

 

つまり、500nm以下の波長の光は、青色に見えているため、遮光眼鏡をかけると、そうした青色の光が遮断されて見えることになります。

 

つまり青色が欠けて見える為、遮光の強さによっては、信号が全く見えないことになります。

 

3890254_s.png

 

そのため、車の運転をされる方は勿論ですが、街中で信号のある交差点を通る場合には、遮光眼鏡には注意が必要です。

 

遮光眼鏡には、光の遮断率を細かく設定しているものがあるため、必ず昼間で天気がいい日にメガネ屋さんを訪れて、遮光と見えやすさのバランスを考えて購入しましょう。

 

夕方や曇りの日に訪れると、レンズの性能を正確に評価出来ない為、いざ眼鏡を使用する時に、生活に支障が出ることがあります。

 

最近は通販でも購入出来ますが、2回目以降で破損による購入以外は、実際にフィッティングをした上で購入するべきです。

 

こちらは東海化学のHPですが、様々なレンズのカラーがありますので、その人の状態や使用目的にあったレンズを選ぶことが出来ます。

 

眼科疾患の方だけでなく、日常生活で眩しさが苦痛である方は、こうした遮光眼鏡を上手く利用することで、快適な生活が送れるようになるかもしれません。

 

<参考リンク:東海光学株式会社 まぶしさを感じる全ての方へ

<参考リンク:HOYAビジョンケアカンパニー アイプロテクションレンズ

 

 参考リンクとして、東海光学とHOYAをご紹介します。

両方とも遮光レンズのメーカーですが、東海光学の方が種類が多く、運転時や路上で使用出来るものも紹介されています。

 

<参考リンク:運転及び路上使用時の注意事項

 

両方とも店舗検索が出来ますので、購入をご希望の方は、一度店舗へ電話やメールでご予約の上、ご来店されることをお勧めします。