大阪日本橋 
眼病の鍼灸
鍼灸ひより堂

大阪日本橋の鍼灸ひより堂です。
当院では、西洋医学では治療法がないと言われた眼科疾患や、同じく西洋医学では治療効果が挙がらない不妊治療などに対して、鍼灸治療で根本的な体質改善をしています。
お問い合わせから、ご自身の体調に関する治療の可否を知りたいときには、発症の時期や治療歴などの詳しい情報があれば、お答えをしやすいのでよろしくお願いします。
 070-1732-5479
お問い合わせ

不安神経症に対する鍼灸治療 大阪府外在住 40代男性

仕事のプレッシャーから不安を感じるように

 

患者: 40代男性 大阪府外在住 会社員

症状: 不安感、電車通勤が辛い、肩こり、頭重感

経緯

 営業職として会社員をしてきたが、1年前にストレスを感じる仕事を任されてから、体調の不良を感じるようになってきた。

その後、症状が徐々に強まり、

・不眠

・電車に乗ると降りたくなる

・突然の発汗

・動悸

・首肩の痛み

・頭痛、頭重感

などを感じるようになってきた。

30歳の時には腰椎椎間板ヘルニアになったことがあり、その後も腰痛を感じることが多い。

来院時は仕事に行くのが辛く、通勤電車が苦痛で仕方ないということでした。

本人曰く、病院に行くことに抵抗があるそうで、当院の元患者であった会社の同僚に紹介され、ご来院されました。

 

【初診】

 

 対面してお話をしていても、とても緊張されているのが見て分かりました。

このままお仕事を続けることにも不安があり、投薬以外の方法があるならと、当院を受診されたそうです。

体全体の筋緊張や身体症状も強かったため、先ずは体の緊張感を緩めることを目的に施術しました。

 

また動悸や冷や汗があることから、自律神経にもかなり乱れがあることが分かりました。

脈を見せて頂いても、かなり細く弱い脈であることが分かります。

初診時はまだ夏の暑さが残る時期でしたが、脈象としては冬のような脈をしていました。

 

東洋医学では、冬の脈を石脈といいます。

「冬脈石者、腎北方水也、万物之所蔵也、盛冬之時、水凝如石、故其脈之来、沈濡而滑、故曰石。」

これは冬の脈である石脈を現した古医書の一文です。

詳しく説明はしませんが、固く沈んでいるけれど、潤いがあって細い脈ということです。

ただこれは標準的な冬の脈ですので、この患者さんの場合には、ここに少し病的な弱さが含まれます。

 

そこで体をしっかり温める力を持たせ、血液を循環させるようなツボを選んで鍼灸治療を行います。

また局所的にもコリの深いところには、しっかりと鍼を響かせて施術を行いました。

 

うつ伏せでは、首や肩にしっかり鍼を刺し響かせました。

また全身のバランスが乱れているため、腰にもしっかり鍼を刺しました。

使用した鍼は、長さ30mm 太さ0.18mmのステンレス製使い捨て鍼です。

鍼の太さ比較.png

その後、10分間そのままで寝て頂いて、各部のコリをしっかり取りました。

 

次に仰向けになり、側頭部にもしっかり目に鍼を刺しました。

側頭部には側頭筋という筋肉があり、歯を食いしばる時に強い力を発揮しています。

普段から歯を食いしばっている方は、どうしても側頭筋が固くなりやすいため、頭が凝るという訴えをよくされます。

この患者さんも、正にそうした訴えを持っている患者さんでした。

 

そこで、太陽というツボから側頭筋に向けて、横刺という刺し方で骨に沿って平行に刺しました。

使用した鍼は長さ30mm 太さ0.12mmのステンレス製使い捨て鍼です。

2075279.png

 この鍼を心地よく響かせると、頭の凝りや目の疲れも非常によく取れます。

そのため、眼科疾患でもよく使用するツボと刺し方です。

営業職でPC作業も多く、目を酷使するため、眼精疲労の解消も兼ねて施術させて頂きました。

 

目の周囲には、長さ0.1mmという極細の鍼を使用しました。

上の画像を見て頂ければ分かりますが、非常に細い鍼で、恐らく国内で常用される中では一番細い鍼でしょう。

この細さの鍼でも、十分に眼底部の血流は良くなります。

眼科疾患や眼精疲労の鍼は、痛みをほとんど感じることなく受けることが出来ます。

 

あとは手足のツボを使って、全身のバランスを調整する鍼をさせて頂きました。

使用した鍼は、長さ15mm 長さ0.16mmのステンレス製使い捨て鍼です。(上記画像参照)

当院で使用している鍼は基本的に細く、シャープペンシルの芯と比べても、かなり細いことがお分かりかと思います。

 

整形外科疾患や疼痛の種類によっては、かなり太く長い鍼も使用するのですが、逆に眼科疾患や全身調整の鍼灸治療では、細く短い鍼を使用することが多くなります。

細い分扱いが難しい点もありますが、患者さんにとって安全と治療効果を両立させるためには、こうした細い鍼を使用した方が良いと思います。

 

初回の施術から数日後、この患者さんに当院をご紹介して頂いた患者さんも、十年以上ぶりに来院されました。

その方のお話では、症状がかなり緩和されたようで、通勤電車も大きな苦痛を感じずに済んでいたようです。

 

【その後の経過】

 

 初回から2週間後に来院された時には、同僚の方から伺った通り、かなり症状が軽減していました。

頭痛や首肩の痛みは軽く残るものの、睡眠に関しては良く取れているということでした。

症状が軽かったことと、発症から来院までが比較的早かったことが奏功したようです。

 

その後2週間に1回の頻度で約2か月間施術を続けたことで、身体症状はほとんど感じない程度になりました。

年末に近付き、仕事がかなりハードになったということでしたので、辛いときは頻度を気にせずに来院して頂くようにお話ししました。

こうして自分自身で来院頻度をコントロール出来るようになれば、ほぼ緩解と言っても良いと思います。

 

メンタル系の疾患は、投薬の力を借りることも多いですが、比較的初期であれば、こうして鍼灸単独でも十分に対応出来ます。

投薬に抵抗があって一人でお浪の方は、ぜひ鍼灸治療も選択肢の一つとして考えて頂ければと思います。

2021.04.13 Tuesday