大阪日本橋 
眼病の鍼灸
鍼灸ひより堂

大阪日本橋の鍼灸ひより堂です。
当院では現代医学では治療法がないと言われてしまった眼科疾患に対して、鍼灸治療によるアプローチをしております。
来院される患者さまの約95%は眼科疾患や眼科症状にお悩みの方々です。
 070-1732-5479
お問い合わせ

美容整形後の眼瞼けいれんに対する鍼灸治療 市内在住 30代女性

患者:30代女性

病名:眼瞼けいれん(痙攣)

症状:目が開けづらい、眩しい、目が重たい、ドライアイ

 

初診と鍼灸治療

 年齢と共にまぶたの重さやたるみが気になっていたため、美容クリニックにて切開法にて二重手術を施術した。

その後、目が開けづらい日や目の痛み、更には光がどんどん眩しく感じてきたため、再び美容整形を訪れたが具体的な解決策は提示されなかった。

 

 市内の眼科を受診したところ、ドライアイを指摘されて点眼薬を処方されたが、目の開けづらさや眩しさが軽減しないため、他院を受診し眼瞼痙攣と診断された。

症状が酷くなるようならボトックス注射をするように言われたが、他の方法を探している内に鍼灸治療で良くなる人がいることを知り来院。

 

  美容整形後の眼瞼けいれんで当院を受診される方は日々増えており、美容整形だけでなく眼瞼下垂での手術後に来院される方も多いようです。

手術法に関わらずまぶたを支配する知覚神経(三叉神経第一枝眼神経)を刺激することで起こるようで、例え埋没糸を取り去ったとしても症状は継続しています。

 

そのため眼神経と脳、更に眼輪筋に繋がる顔面神経とのネットワークの不具合が原因と思われ、これらを改善する必要があります。

E43B067D-EC57-4624-BB56-A31901756AF4.jpeg

 

 また眼瞼けいれんには精神的な要素も大きく、一旦症状が強く出てしまうと、それが悪循環を生む原因になってしまいます。

無題.jpg

こうした悪循環を断ち切るためには、同時に多方面からアプローチをかける必要があるため、日本の医療事情では完治が難しい原因になっています。

 

  今回の患者さんはまだダウンタイム中に来院されたため、まぶたの腫れも残っている状態でした。

手術直後から眼瞼けいれんの症状が出て来たため、比較的早い時期にご来院されたことは幸いでした。

 

 鍼灸治療としては、眼神経と脳、そして脳から眼輪筋のネットワークを再構築するために、神経の支配領域に対する施術を行いました。

2回目から比較的良好な反応を見せていて、週2回の施術で2週目には症状がかなり改善しました。

 

 目の開けやすさや眩しさの軽減など、眼瞼けいれんで最も煩わしい症状が早い段階で改善してきました。

今後は完治と再発予防を目指した施術を継続する予定です。

2024.05.24 Friday