大阪日本橋 
眼病の鍼灸
鍼灸ひより堂

大阪日本橋の鍼灸ひより堂です。
当院では現代医学では治療法がないと言われてしまった眼科疾患に対して、鍼灸治療によるアプローチをしております。
来院される患者さまの約95%は眼科疾患や眼科症状にお悩みの方々です。

網膜色素変性症の症例 府外在住 50代女性

患者:府外在住 50代女性 主婦

病名:網膜色素変性症

症状:夜盲、視野狭窄

経過 

 以前から暗いところが見難く、来院の1年ほど前から車の運転がしづらく感じていたため、自宅近くの眼科を受診。

その後、大学病院で網膜色素変性症という診断を受け、視野検査の結果、視野狭窄も指摘された。

病院では経過観察のみであったため、出来る限り進行を遅らせる方法を探している内に、鍼灸で治療をしている治療院があることを知り来院。

初診

 当院の簡易視野検査の結果は以下の通りでした。

2023.2gatu.png

確かに正常な視野検査の結果と比べるとやや盲点が大きく、左側の下側に小さな視野の欠損が見られます。

ただ当院での簡易視野検査ではそれほど大きな欠損や狭窄は見られなかった為、視野欠損はあまり気にせず進行予防に全力を注いで施術することにしました。

症状がそれほど急激に進むとは思えなかった為、治療頻度は週1回からスタートしました。

鍼灸治療と経過

 治療方針は他の患者様と同様に、網膜や視神経の周辺部の循環を促進し、栄養や酸素を十分に行き渡らせて細胞を活性化します。

また全身の自律神経系を調整することで、目にかかる間接的な負担を軽減する施術も施しました。

眼科鍼灸.jpg

 

 初診から約3カ月経った時点で、再び視野検査をさせて頂きました。

その結果がこちらです。

 2023.6gatu.png

3か月経ちましたが大きな変化はなく、欠損と思われる点は増えている個所と減っている個所があるようです。

計測誤差の範疇だと思われました。

 

この後、病院でも視野検査を受けていらっしゃいますが、同様に視野検査に大きな変化は無いと言われたようです。

やはり網膜色素変性症の経過は、年単位で見ていく必要があるということです。

 

 初診から1年が経過し、自覚的に見えにくい気がしているということでしたので、再び簡易視野検査をさせて頂きました。

これに先立って行われた病院での視野検査では、進行が見られないという診断を頂いているようです。

2024.2gatu.png

<初診から1年後の視野検査>

 初診から1年が経ち、現在は2週に1回の頻度で継続加療中です。

初診から3か月後の検査では、一見すると良くなった部分と悪くなったがあるように見えましたが、今回の検査ではいい結果が得られました。

点在していた視野欠損の部分が無くなり、今回の検査では盲点の部分だけが表されています。

 

 初診時と比べても、検査結果上では良くなっていると言えますし、少なくとも進行はしっかり予防出来ているようです。

 1nennhikaku.png

 網膜色素変性症においては、網膜の視細胞が完全に死滅していない範囲に関してのみ、視機能が回復することがあります。

そのため出来るだけ早い段階で施術を開始することは、症状進行を防ぐだけでなく、視野や視力を取り戻すことにも繋がります。

 

 また網膜色素変性症は将来への不安を強く感じる方が多く、症状が進行していなくても不安感に苛まれる方もいらっしゃいます。

そのため心身ともにサポートしながら、長い目で施術を続ける必要があります。

疾患や症状への理解があり、長期的サポートを受けられる治療院にかかることが重要です。

2024.06.13 Thursday