大阪日本橋 
眼病の鍼灸
鍼灸ひより堂

大阪日本橋の鍼灸ひより堂です。
当院では、西洋医学では治療法がないと言われた眼科疾患や、同じく西洋医学では治療効果が挙がらない不妊治療などに対して、鍼灸治療で根本的な体質改善をしています。
お問い合わせから、ご自身の体調に関する治療の可否を知りたいときには、発症の時期や治療歴などの詳しい情報があれば、お答えをしやすいのでよろしくお願いします。
 070-1732-5479
お問い合わせ

大阪市在住 40代女性 甲状腺眼症の症例2

患者大阪市在住 40代 女性

病名甲状腺眼症(バセドウ病眼症)

症状甲状腺眼症による眼球突出、まぶたの腫れ

 

【経過】

 

・昨年体調不良が続いていた。

・疲労が強く、空腹も感じていた。

・その後複視※1が出た。

・まぶたの腫れが出たため眼科を受診するとアレルギーだと言われた。

・健康診断にてバセドウ病と診断。

・専門病院から紹介され眼科を受診し、甲状腺眼症と診断された。

・眼球突出は右にあり、左は正常だけど1mm?出ていると言われた。

・複視が悪化傾向

※1 ものが2重に見えること

 

【初回カウンセリング】

 

 眼球突出が右側にあることは一目見て分かる状態で、明らかな左右差がありましたので、複視が出ても仕方がないと思われました。

ただ左眼もまぶたの腫れがあり、眼球突出もやや見られる様子でした。

そこで当院でヘルテル氏眼球突出計で計測したところ、 右 20mm 左 15mm となりました。

 甲状腺眼症.png

 

診断基準からすると、右側が重症よりの中等症で、左側は軽症と正常の間くらいでした。

 甲状腺眼症重症度.png

15mmからが軽症ですので、経過の項目で書いた左が1mmというのは、診断基準を1mm超えているということのようです。

 

左右差が無くなれば、ある程度複視も改善出来ると思いますので、眼窩内で起きている過剰な血流(炎症)を抑え、腫れを無くすことを目的に施術することにしました。

このまま症状が改善しなければ、ステロイドパルスをする予定ですので、出来るだけ治療効果を高めるため、週2回の受診をお願いしました。

 

【鍼灸治療】

 

 首から肩や背中にかけてがガチガチに固いため、先ずはその固さを改善する様に鍼を刺します。

眼科疾患や甲状腺疾患は、ストレスの影響をよく受けますので、出来るだけ体に出ている不調や不快症状は取り去るべきです。

そこで肩こりなどは、しっかり取り去ります。

 

まぶたのはれも強いため、上下のまぶたにはしっかりアプローチします。

さらに眼の不快症状に対しては、眼の知覚神経である眼神経に対してアプローチします。

眼神経ブロック.png

こうした施術を続けていたところ、鍼灸治療から3週間経った頃に、「ましになった気がします。」というお話がご本人からありました。

どうもお知り合いにも、「良くなってない?」と言われたそうで、嬉しそうにされていたので、取りあえず目立っていた右側だけ施術前に測ってみました。(正式には1か月後に検査)

すると、20mmだった眼球突出が16mmになっていました。

見た目的にも、かなり眼球突出やまぶたの腫れが軽減しているように見えます。

 

 【1か月後の鍼灸治療】

 

 基本的には治療方針は変わりません。

眼の不快症状はほとんどないものの、複視がまだ見られるため、外眼筋の炎症の影響や左右差の影響が出ているようです。

1ヶ月経って視力検査と視野検査をさせて頂いたところ、 左眼の視力が裸眼で0.1、矯正視力で1.5あり、右眼では裸眼で0.1以下、矯正視力では2.0という結果でした。

 

初診時の視力は、左眼が裸眼で0.1、矯正で1.2、右目が裸眼で0.1以下、右眼が矯正で1.2でした。

矯正視力は、目の健康状態を表すため、矯正視力が両方とも1段階良くなったことは、とても素晴らしいことです。

ただ少々過矯正気味になってしまっていることもあり、もう少し鍼灸治療を続けて視力が安定すれば、度数の調整が必要だと思われます。

 

裸眼視力が下がったことに関しては、前日と前々日に目を酷使したことによる、眼精疲労のためだと思われます。

眼球突出に関しては、左右共に16mmとなっていました。

左眼がやや突出傾向なのは気になりますが、元々眼球突出があった右目は安定しているようです。

 

先ほども書いたように、前日と前々日がかなり目を酷使したそうで、自覚的にも腫れ感があるということでした。

今回は前回の施術から少し時間が空いてしまったため、炎症が少し強まったのかもしれません。

自覚的にも、週2回を等間隔というのが適切だと感じたようです。

また1ヶ月後に再検査をしますので、それまでの間頻度や目の使い方を調整したいと思います。

 

【3か月後】

 

 更に1か月加療しましたが、左側にも少し炎症が起こっているようで、当院での計測の結果、左側の眼球突出が強くなっていました。

左右の眼球突出度が違う場合、軽い突出度の方が時間差で悪化することはよくあることですので、これはある程度予測していたことでした。

この時点(2021.1月)で左右の眼球突出は、右側16.5mm 左側16.5mmとなっていました。

 

一旦悪化傾向が続いていた左側も、出たり引っ込んだりを繰り返していた右側も、安定してきたように感じます。

右上まぶたの腫れがまだ安定していないため、右側の方が腫れて見えるのは残念ですが、ご本人の自覚的には調子が良いそうです。

久しぶりに会った方にも、「良くなったね。」と言われるそうです。

 

仕事の配置転換があり、少し仕事が忙しくなりそうなことと、鍼灸治療開始から3か月経過したことで、頻度を週1回に変更しました。

本来は、こうした仕事やプライベートに変化がある時には、頻度を変更することを避けるのですが、どうしても通院時間が制限されそうなため、様子を見ながら調整することにしました。

眼球突出やまぶたの腫れは非常に変化しやすく、少しの疲労でも悪化するため、細かく治療内容や頻度を調整することが大事なようです。

2021.05.18 Tuesday