大阪日本橋 
眼の鍼灸
鍼灸ひより堂

大阪日本橋の鍼灸ひより堂です。
当院では、西洋医学では治療法がないと言われた眼科疾患や、同じく西洋医学では治療効果が挙がらない不妊治療などに対して、鍼灸治療で根本的な体質改善をしています。
通院するか迷っている場合には、先ずはご相談をメールやLINEなどでして頂くと、あなたが求めるものが当院にあるのかを、知って頂くことが出来ます。
 070-1732-5479
お問い合わせ

中心性漿液性脈絡網膜症の鍼灸症例 30代男性 大阪府在住

患者:大阪府在住 30代 男性

 

病名:中心性漿液性脈絡網膜症

 

症状:視野の歪み、視野のかすれ(薄く見える)

 

 

【経過】

 

 

・5年前に一度同病を発症し、その時は経過観察で完治。

・今回は5か月前から視野に灰色の影が見えるようになった。

・経過観察をしていたが全く治らない。

・ストレスや不規則な生活が原因かと思っている。

・喫煙なし、飲酒4回/週 缶ビール1本程度

・前回、今回共に左眼に発症。

・病院の検査では視力 右1.5 左0.7~0.9

 

 

【初回カウンセリング】

 

 本来は外回りの営業職とのことですが、発病以来、車の運転を避けて、現在はほぼ在宅で勤務されているそうです。

 

視野の中心近くに灰色の影があり、その影を通して見ているため、とても見えにくいそうです。

 

元々は、右眼と同様に左眼も遠視傾向で、1.5程度だったそうです。

 

当院で初診時に行った、視力と視野検査がこちらです。

 

202010.27.png

 

 

自己申告通り、左眼視力の低下と、中心部やや右下に視野のかすれ、歪みが見られます。

 

この部分はグレーに色付いて見えているようで、その向こう側に景色が見えているそうです。

 

濃いすりガラス越しに見ているような感じなため、視力検査では小さいランドルト環※1が見えないようです。

※1:ランドルト環:視力検査にある「C」の形状をしたもの

 

範囲としては大きくありませんが、中心部近くであるため、気持ちの良いものではありません。

 

また時間の経過と共に視細胞が変性すると、もっと見えにくくなるでしょうし、範囲も広がる恐れもあります。

 

 

【鍼灸治療】

 

 

 今回の患者さんは発症から時間が経っていない為、浮腫さえ無くなれば、視細胞の変性を防ぐことが出来るかもしれないと考えられました。

 

つまり、早急に浮腫を引かせる必要があるということです。

 

そのため、週2回の頻度で3カ月間しっかりと施術を行う計画を立てました。

 

 

先ずうつ伏せに寝て頂き、後頚部、背部に鍼を刺して、首や肩の凝りを取り去ります。

 

眼科疾患の方は、首肩の凝りが強く、首の凝りを取るだけでも、眼の不快な症状を取り去ることが出来ます。

 

今回のように、発病から時間が経っていない場合には、鍼数も少なく済みますし、反応も早い傾向があります。

 

 

次に仰向けで、眼の周囲と足の冷え・むくみを施術を行いました。

 

眼の周囲だけではなく、足の冷えやむくみを取る理由は、黄斑部の浮腫を無くすために、全身の水分代謝や血行障害も改善するためです。

 

 

眼科疾患で来院される多くの患者さんには、治療開始から変化が出るまで最低2か月程度かかることをご説明し、初診時から3か月の通院が必要なことを、納得して頂いた上で通院して頂きます。

 

 

それでも多くの患者さんは、治療開始から暫くすると、「このままで大丈夫か?」という不安感に襲われます。

 

この患者さんも、通院から2週間経ち、最初の意気込みと2週間経っても症状に大きな変化を感じないことに、非常に焦りが見られました。

 

そこで少し早いのですが、視力と視野を再検査させて頂きました。

 

 2020.1113.png

 

画像が見にくいので、視野が色付いている部分だけを拡大して、並べてみましょう。

 

2週間比較.png

 

 

17日目の経過としては、視力視野共に回復傾向で良い流れに乗っているようです。(左視力0.7から0.9に回復)

 

今後も施術をしながら経過観察をしてきます。

 

【2020.11.27更新】

 

 前回の検査からあまり日が経っていませんが、初診から1か月が経ったため、再び簡易検査を行いました。

その結果がこちらです。

2020.11.27.png

 

前回、前々回と比べてみましょう。

1か月比較.png

通常は、中心性漿液性脈絡網膜症で鍼灸治療を受けて頂いても、2カ月後くらいから徐々に変化が起こることが多いですが、

今回の場合には、比較的早くから変化が起こっています。

ただひょっとすると、今までは今回のように小刻みに検査をしていなかったため、変化を追い切れていなかったのかもしれません。

本格的に変化する2カ月後が楽しみです。

 

2020.12.05 Saturday