大阪日本橋 
眼病の鍼灸
鍼灸ひより堂

大阪日本橋の鍼灸ひより堂です。
当院では、西洋医学では治療法がないと言われた眼科疾患や、同じく西洋医学では治療効果が挙がらない不妊治療などに対して、鍼灸治療で根本的な体質改善をしています。
お問い合わせから、ご自身の体調に関する治療の可否を知りたいときには、発症の時期や治療歴などの詳しい情報があれば、お答えをしやすいのでよろしくお願いします。
 070-1732-5479
お問い合わせ

骨のゆがみには鍼灸か整体か

 よく患者さんからの質問で、「鍼灸治療で骨のゆがみが治りますか?」というものがあります。

またそれと同様に、「骨のゆがみは整体に行った方が良いですか?」というものもあります。

この質問に正しく答えるためには、質問の意図を正しく理解するための、基本的な情報を知って頂くことが重要です。

 

骨のゆがみとは?

 

 よく「体がゆがむ」とか「骨がゆがむ」という表現をしますが、この2つの言葉は同じようで少し違います。

体がゆがむというのは、一般的に「姿勢が悪い」とか「背中が丸まっている」と言われるもので、骨自体が歪んでいるわけではありません、

 

骨が歪むというのは、1本1本の骨が歪んでいることであり、これは「変形」という表現をする方が適当です。

変形は整形外科疾患であり、完治するためには手術が唯一の治療法です(変形性股関節症や重症の側弯症など)。

 歪み.png

 

体のゆがみには整体がいい?

 

 今までのご説明では、「体のゆがみ」や「骨のゆがみ」というものが、どういう状態であるかをご説明してきました。

そこで施術の対象になるものが「体のゆがみ」であり、「骨のゆがみ」ではないことがお分かり頂けたと思います。

 

では体のゆがみや姿勢の変化に、鍼灸治療がどう働くのかをご説明させて頂きます。

多くの場合姿勢を変化させるのは、1本1本の骨に作用している筋肉の緊張です。

姿勢と筋肉.png

通常筋肉は、必要のある時に緊張し、使用しない時には弛緩するようになっています。

例外的に姿勢を制御する筋肉は、継続的に一定の緊張を保つことがありますが、その場合にも就寝時には弛緩しています。

 

ところが姿勢が悪い人を見ていると、筋肉を緊張させる必要が無い時にも、筋肉の緊張が解けずに緊張し続けるようです。

筋肉の緊張が解けないため、継続的に骨を引っ張り続けることになり、姿勢が変化してしまいます。

 

猫背(円背)やストレートネック、側弯などでも、こうした筋肉の緊張が原因の場合には、鍼灸治療が適応になります。

ただ同じ状態でも症状が長期間に及ぶと、やがて骨の変形を伴うようになりますし、特発性側弯症の様に関節の変形が主たる症状になると、鍼灸治療の適応ではなくなることもあります。

 

ちなみに整体というものには決まった定義がありませんし、体のゆがみは整体が良いといったような、医学的エビデンスに基づいた研究はありません。

 

2021.09.22 Wednesday